【全国の学生へ】部活をやめるのも立派な選択肢だ

どうも、ぺったまん(@pettamann3)です。

突然ですが、僕は先日2年続けた部活をやめました。

今後の学生生活を左右する、大きな決断だったと思います。

なので、部活をやめる際はものすごく悩みました。

 

全国の学生の中にも、同じような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

今日はそんな悩みをもつ学生たちに、部活について話していこうと思います。

ぺったまん

部活をやめるか悩んでいる学生はぜひ読んでみて!

部活ってなぜやるの?

部活ってなんのためにやるのでしょうか?

あんなに毎日、走って、筋トレして、練習して…

頑張った結果、得られるものはなんでしょうか?

 

強靭な肉体?仲間との協調性?競技の実力?

正直、そんなものは部活でなくても手に入ります。

 

・強靭な肉体が欲しいなら、ジムに行けばいい。

・仲間との協調性が欲しいなら、バイトすればいい。

・競技の実力が欲しいなら、スクールに行けばいい。

 

正直こっちの方が、部活なんかより全然効率がいいです。

じゃあ、部活やる意味ってなんなの?

あなた

そもそも、部活に意味を持たせようとしていることがダメなんです。

部活をやることに意味なんて存在しないんです。

「好きだからやる」それだけのこと

意味がないことをみんなやってるってこと?

あなた

まぁ、結論はそういうことです。

でも、それじゃあ部活は成立しません。

意味のないことをする集団が、なにを原動力として動いてるのでしょう?

 

その原動力は「好き」という感情だと僕は思っています。

 

・友達と会うのが好きだから部活に行く

・バスケがするのが好きだから部活に行く

・好きな人が部活にいるから部活に行く

 

部活という集団は、部員の「好き」という感情で動いているんです。

好きだから部活をやる

ただそれだけのことです。

部活が好きじゃないならやめるべき

もしあなたが部活が好きじゃないなら、いますぐやめるべきです。

好きでもないものを続けていたって、生まれるものは何もない。

ただ、貴重な青春がなくなっていくだけ。

 

それに、本当に部活が好きでやっている人からみて、あなたは邪魔な存在にしかなりません。

あなたにとっても、部活にとってもなんのメリットもない。

これこそ、本当に意味のないことです。

部活をやめることも立派な選択肢だ

よく「部活をやめることは悪いこと」と思っている人がいます。

僕も少し前まではそうでした。

「部活すら続ける根性すらないのか」と自己嫌悪に陥ったことだってあります。

 

しかし、それは全くもっての間違いでした。

部活をやめることは決して悪いことじゃない。

今では部活をやめて良かったと思っています。

それによって、新しいことにもチャレンジ出来ましたし、なんといっても自分の時間が増えました。

 

もしあなたの中に「部活をやめるのは悪いこと」という考えがあるのなら、いますぐ変えるべきです。

部活をやめることで得られるものだって多いですよ?

最後にあなたに伝えたいこと

部活動はやりたい人だけがやるものです。

もともと学校は勉強をするところ。

決して、部活動をやるところではありません。

授業さえきちんと出れば、残りの時間はあなたの自由時間であるはずです。

 

僕が言いたいのは、その自由時間を部活動に使う必要はないということ。

あなたがやりたいことをやればいい。

 

しかし、不思議なことに「部活動はやるもんだ」「やらなきゃおかしい」などという空気が、学校のなかに流れています。

事実9割以上の学生たちが、なにかしらの部活に所属しているんです。

やりたくも無いのに、部活をやらされている学生だっているでしょう。

おかしい話だと思いませんか?

 

もちろん、好きで部活をやっている学生もいます。

だからこそ、これだけは覚えていて欲しいんです。

好きじゃないことをやるほど無駄なことはない。

まとめ

どうでしたか?

部活をやめることより、好きでもない部活を続ける方があなたにとってデメリットです。

部活をやめたいならやめるべき。

部活をやめることで、新しい世界が見えるかもしれません。

今日の記事で、あなたの悩みを少しでも解決できていたら幸いです。

 

読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です