どうやら僕は「ブログ」というものを難しく考えすぎていたようだ

記事が書けない…

初心者ブロガーなら誰でも経験する悩みですよね。

実は僕も最近、この悩みに直面していました。

ぺったまん

いやー、マジで何も書けない。

2時間パソコンの前に座っていても、一文字も書けない。

こんな最悪な状態が、この一週間ぐらい続いていました。

でも、悩んでいるうちに、ある勘違いをしていたことに気づいたんです。

今回は、そんな僕の勘違いについてのお話です。

僕が記事が書けなくなった理由

ズバリ、完璧を求めすぎたということが原因です。

僕はブログ開始早々、中学生ブロガーという肩書きのおかげで、多くの人にブログを見ていただけました。


たった、一週間で1500人の方に読まれたんです。

とても嬉しかったのですが、同時にプレッシャーでもありました。

ぺったまん

ブログを見てくれている人がいるんだ…。もっといい記事書かなきゃ…。

こう思うばかりに、「完璧な記事でなければ」と考えるようになってしまったのです。

しかし初心者ブロガー、ましてや中学生の僕に、いい記事など書けるはずがありません。

だんだん自分が書く記事が、全部ダメに見えてきたんです。

そして、気がつくと僕は記事を書けなくなっていました。

僕は何か勘違いしていたようだ

僕は、ブログというものを難しく考えすぎてしまっていました。

・どうすれば読まれるのか

・大人っぽい文章の書き方

・収益化に繋げるには?

考えすぎるあまりに、今なにをすればいいか見失っていた気がします。

しかし、意外とブログって単純ってことに気がついたんです。

ただ、自分が書きたいことを書けばいい。

これだけのことでした。

ただ何も考えず、がむしゃらにやることが大事なんですね。

難しいことは、後からついてくるものですから。

完璧を作ろうとしちゃだめ

つまり、悩んだり考えたりする時間があるならやろうって話です。

別に、いい記事を書くことだけがブログじゃないんです。

あの有名なプロブロガーさん達も、昔はクソ記事というものを量産していました。

僕もこれからクソ記事を量産していきます。

完璧じゃなくても、毎日書かなくても、自分が好きなようにやっていきます。

そのうち花が咲くことを信じて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です