BO自動売買システムの購入はこちら

【XM】ハイレバレッジ取引のメリット・デメリットについて徹底解説!

レバレッジをかけて取引できるのはFX最大の魅力です。

少資金でも大きな金額を動かせ、効率よく資産を増やすことができます。

国内FX業者が最大レバレッジ25倍なのに対し、XMを始めとする海外FX業者は100倍〜1000倍のレバレッジをかけることが出来ます。

つまり海外FX業者では、ハイレバレッジトレードが可能なわけです。

ハイレバレッジ取引はとても魅力的ですが、少なくともそれ相応のリスクが伴います。

今回はハイレバレッジ取引のメリット・デメリットについてまとめていきます。

私はハイレバレッジ取引に大賛成

結果論になるのですが、私はハイレバレッジ取引で大きく資産を増やすことができました。

海外FX業者ではなく、国内FX業者を使っていたら今の私はなかったと思います。

少資金でも一攫千金のチャンスがある

FXの魅力は少資金からでも大きく資産を増やすことにあります。

10万円以下でFXを始めようとしている方も多いと思います。

知人で10万円を300万円に増やした方がいますが、その方はもちろん海外FX業者(XM)を使っていました。

当然ですが、少資金から大きく稼ぐためには大きくレバレッジをかける必要があります。

海外FX業者のレバレッジは100倍から最大1000倍まであり、1万円あれば100万〜1000万円ものお金を運用することが可能です。

国内FX業者は最大レバレッジ25倍と低いので、資産の増え方に限界が出てしまいます。

ゼロカットシステムで借金の心配なし!

レバレッジ取引で最も怖いのが借金(追証)です。

レバレッジ取引をすると、大きく相場が動いた時に証拠金以上の損失を負うことがあります。

しかし、海外FX業者は「ゼロカットシステム」を採用しています。

ゼロカットシステムとは、証拠金以上の損失が出た場合にFX業者が代わりに損失を負ってくれるシステムです。

つまり、投資のリスクが限定されている中でハイレバの勝負ができるです。

ゼロカットシステムについて詳しく知りたい方は以下記事を見てください。

ハイレバレッジ取引のメリット

ハイレバレッジ取引には多くのメリットがある。いくつか解説していきます。

必要証拠金が少なくても大丈夫

ハイレバレッジ取引では、証拠金の少なさをレバレッジでカバーすることができます。

少ない証拠金でも、大きくエントリーできるわけです。

以下の表を見ていただければ一目瞭然だと思います。

1ロット(10万通貨)に必要な証拠金

最大レバレッジ ドル円(110円) ユーロ円(125円) ポンド円(145円)
25倍 440,000円 500,000円 580,000円
50倍 220,000円 250,000円 290,000円
100倍 110,000円 125,000円 145,000円
200倍 55,000円 62,500円 72,500円
400倍 27,500円 31,250円 36,250円
888倍 12,400円 14,000円 16,300円
1000倍 11,000円 12,500円 14,500円
2000倍 5,500円 6,250円 7,250円

 

国内FX業者(25倍)だと10万通貨をエントリーするのに、50万円近く必要となってしまいます。

それに比べ、私がいつも使っているXM(888倍)だと2万円でいいんです。

海外FXでもハイレバ取引が、いかに効率が良いかわかっていただけただろうか?

ハイレバレッジ取引のデメリット

ハイレバレッジ取引はうまく使えば、素晴らしい武器になる。

しかし、逆を言えばそれなりのリスクが発生するということです。

増える速さが10倍=減る速さが10倍

今までハイレバレッジ取引の良さをあげてきたが、ハイリターンにはハイリスクが伴っている。

レバレッジを10倍にすると増える速さも10倍になるが、減る速さも10倍になるのです。

ハイレバレッジ取引で多くの人が資産を減らしてるのも事実です。

海外FXのハイレバレッジは証拠金が少なくて済むので、ついついたくさんエントリーしてしまい、自分の全財産とポジションのバランスが取れなくなってしまう。

これがハイレバレッジ取引の恐怖です。

資金管理をしっかりすれば武器になる

負けているトレーダーは資金管理ができていないです。

ハイレバレッジ取引ほど資金管理は重要になってきます。

感情に任せてハイレバレッジ取引をする人はほぼ負けています。

私が言いたいのは、ポジション量は自分の証拠金に合わせて調節しようということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください